ぴろ太ブログ

英語、筋トレ、健康、映画、漫画、ゲーム、ビジネス書、自己啓発書について書いていきます。

1000冊以上あった漫画を全部処分したらすごいスッキリした

部屋にものすごい量の漫画があったのでほとんどをブックオフに売って処分した。

だいたい千冊以上あった。今まで一度も売りに行ったことがないので買うたびに増えて行く一方だった。

一回では無理で何回かに分けて売りに行ってる。

 

ほとんどの漫画はやっぱりブックオフで全巻買いしたものがほとんどなので売る時に迷ったりはしないけど、新刊で買ったりして大切に集めていた漫画はやっぱり売る時に結構迷う。

「あぁ、これは後でもう一回ぐらい読み直すかも…」と思ってしまう。

 

でもよーく思い出してみるともう何年も読んでいない漫画ばっかり。

 

ちょっと前に荷物をあまり持たないミニマリストが流行ってたけど、ちょっとその人達の気持ちがわかった。

部屋に大量にあった漫画が消えたことで気持ち的にもすごいスッキリしたのだ。

 

私は漫画以外にも物を捨てられない性格ですぐに物で溢れかえってしまうんだけど、この機に必要ない物はどんどん捨てていこうと思う。

 

処分してスッキリした今は、なんであんなにも漫画を放置していたんだろうと思う。

 

ちょっと前に「ブッダの100の言葉」という本を買って読んだんだけど、それにも「物に執着するな」みたいな事が書いてあった。

ブッダは元祖ミニマリストなのかもしれない。

 

仏教のすごい所は愛する人にも執着してはいけないと言ってる所だ。家族や恋人が死んでも悲しむべきじゃないとか言っていたらしい。

 

流石に悟りを開かないとそこまでの境地にはいけないと思う。というかそこまでの境地にはちょっといきたくないかな。