ぴろ太ブログ

豊かな人生を送るために自己啓発、筋トレ、健康、漫画、映画の情報を発信していきます。

筋トレのモチベーションが上がるおすすめ映画【ファイトクラブ】

こんにちは!ぴろ太です。

みなさん筋トレしていると「誰かと戦いたいなぁ」と思ったりしませんか?

体を鍛えているとそんな事考えたりしますよね?

 

ヒョロヒョロな体の人を見て「フッ、そんなんじゃあすぐにやられちまうぞ…」とか考えている人もいると思います。

 

でも実際に喧嘩などをしてしまうと法治国家の日本ではすぐに逮捕されてしまいます。当たり前ですね。

 なので映画を見て妄想だけにしときましょう。

f:id:zzz-gagaga-hiroshi:20170629183951j:image

ファイトクラブ

今回紹介するのはファイトクラブ。

1999年製作のアメリカ映画です。

90年代の映画⁉︎調べていてちょっとビックリしました。けっこう好きな映画で定期的に見てしまうんですよね。だからそんな古い感じがしなかったのかと思います。

 

まぁ、やっぱりこの映画の魅力はブラッド・ピットですよ。

なんといってもブラッド・ピットがカッコいいんですよ。この映画の時はそこまでムッキムキではないんですが、肉体が素晴らしい

 

細マッチョぐらいでボクシングの選手みたいな体をしているんですよね。

ちなみに主人公?のエドワード・ノートンは普通の体です。

殴り合いの魅力

やっぱり男なら殴って喧嘩をする行為に一種の憧れみたいなものを持っていると思うんですよ。おそらく本能的ものもあると思います。

自分の拳で相手の顔を殴りつける。ムカついた人間を相手に頭の中でやった事がある人もいると思います。

ですが実際の喧嘩の経験っていっても子供の頃に叩きあったり、掴みあったぐらいでしょう。

 

普通の人間は大人に近づくにつれて喧嘩などとはほど遠い生活を送っていきます。

服とか車とか女性に関して興味が出てきて、頭の中がドクドクいうようなスリルを感じなくなっていきます。

 

この映画に出てくる男達もほとんどがそんな人間です。刺激のない日常を過ごしているウェイターやサラリーマン、工場などで働いている普通の人達です。

 

そんな男達が殴り合うという行為に夢中になっているシーンを見ると鳥肌が立ちます。

もし日本にもそんな場所があったら私も行くかもしれない。そんな事を考えました。

ストーリー

主人公は自動車会社でリコールを調査する仕事に就いていてある程度の収入もあります。

いいアパートに住んでいて家具もイケアで揃えて、一見するとなんの不満もなさそうな生活をしています。

 

しかし、つまらない毎日を送り不眠症を抱えています。

そんな時住んでいたアパートが火災で燃えてしまいます。泊まる場所がなくなった主人公は出張中に名刺を貰ったタイラーダーデンという男に電話します。

 

タイラーは自分と正反対な人間でした。

一緒に酒を飲んでいて、バーを出たところでタイラーが「自分を殴れ」と言ってきました。主人公が殴るとタイラーも殴り返してきます。

 

主人公はその「殴り合い」に不思議な魅力を感じてしまい、それから定期的にタイラーと「殴り合い」をするようになります。

 

殴り合い」を周りで見ていた人間が一人またひとりと参加していってファイトクラブが作られていきました。

そしてファイトクラブがどんどん大きくなっていき…

 

続きは映画で。

zzz-gagaga-hirota.hatenablog.com