ぴろ太ブログ

豊かな人生を送るために自己啓発、筋トレ、健康、漫画、映画の情報を発信していきます。

【ブログ初心者】記事のジャンルの選び方/「書きやすい事を書いた方がいいのか?」

先日漫画に関する記事を書きました。

f:id:zzz-gagaga-hiroshi:20170624000217j:plain

ブログのジャンル

あるサイトでブログのテーマは「人よりちょっと得意かな?ということに関して書きましょう」と書いてあったので、このブログでは最初、自己啓発書やビジネス本の書評や筋トレの事をメインに記事を書いていくと決めました。

そうゆう記事を書くには本をかなり読み込まないとダメだし、筋トレに関する知識も人に教える事ができるくらい必要です。

 

でもぶっちゃけそんな自信ないんですよ。

 

自己啓発書やビジネス本はまぁ、普通の人よりは読んではいると思います。

でも、ネットでは「何百冊も読んだ私が勧める〇〇な本」みたいな記事がゴロゴロしてて、そんな人と自分を比べると全然ダメじゃんって思ってしまうんですよね。

 

筋トレもしてますが、誰かに教える程の知識ではないんですよ。それこそネットで調べて実践してる感じだし。

 

なので記事を書くのに時間がまぁーかかるんですよ。

記事ひとつにも何時間もかかるし、1日じゃとても書けないです。

 

それで全然記事数が増えなくて焦ってる時に他の人のブログに漫画の記事が乗ってたんです。 

それを読んで「これなら簡単に書けるかも」と思い切って漫画に関する記事を試しに書いてみたんです。

 

そしたらこれがまぁースラスラ書けましたよ。

今までの記事にはすごく苦労してたのになんでこんなアッサリと書けたんだろうと思いました。

 

情報量が絶対的に違う

漫画は小学生の頃からいろんなジャンルを何百冊も読んでいるので情報量が相当頭にあります。

好きな漫画は何度も読んでいますし、漫画をまったく読んだことない人がいたらその人に合わせた漫画を勧めることもできるでしょう。

 

それぐらいスラスラ話ができるようにならないと書くことも難しいんじゃないですか?きっと。

 

でも、自己啓発書も何百冊も読んでからとか、筋トレでもボディビルの大会で優勝できるくらいムキムキになってから記事を書くわけにはいかないじゃないですか。 

 

だからやっぱり試行錯誤し、苦労しながら書いていくしかないんですかね。

イヤ、わかりません。

 

書きやすい記事を書いて慣れるということも必要だけど、やっぱり挑戦というか、新たにインプットしつつアウトプットもしていこうと思います。

そうやって新しい情報を入れていかないと大量の記事を書くなんて無理でしょう。

 

まとめ

確かに漫画の記事はスラスラ書けて楽でした。これからもちょくちょく書きたいと思います。

でも、そうゆう楽な記事だけではなく、これからも自己啓発書や筋トレについて勉強などして詳しくなりながら記事を書いていきます。